日本初のSkype(スカイプ)、Hangouts(ハングアウト)オンラインヒンディー語学校(安心7年の運営実績)
オンラインインド語のe-comヒンディーネットロゴ
無料安心サポート 体験レッスン案内詳細 オンライン語学学習サイトMy e-com

トップ  >  3つの安心

当校はITに強い語学の専門会社として2005年に設立いたしました。当然、語学専門会社の自負として、入念なリサーチ、学習研究、お客様からのフィードバック検証、新しい技術を使った学習提案など、常々サービスや学習方針を向上させています。それは、指導方針や、授業内容にも出ています。


当校の特色の一つに「前受金」制度があります。聞きなれない言葉かと思いますが、これは会計の勘定科目の一つで、お客様から頂いたお金をすぐにそのまま売上として計上せずに、「前受金」として一旦負債計上し、生徒様が授業を消化されるごとにその分が売上として計上させていくというものです。一般に英会話スクールを中心とした語学学校では、生徒様が払ったお金の処理はそれぞれで、全額をすぐ売上計上してしまう学校もあれば(ほとんどがこちらです。)、前受け制度を取り入れ始めた大手英会話学校でも、その額は50%前後の基準であったりします。一方、当校では、厳しく100%を「前受金」として扱い、万一の際の払い戻しの対応にも気をつけています。もし万一当校が継続不能な状態になったとしても、静かに返金処理が行われます。
*通常、正確な把握が非常に難しいと言われる「前受金額」ですが、当校では、ITを活用し、My E-comというオンライン上の学習管理システムによって、当校生徒様の残りレッスンポイントとあわせてリアルタイム把握が可能となっています。

 


パソコンを使ったサービスでは、プラットフォーム(場)だけを作って、「月額一定の料金を徴収するので、あとは適当にやってください」という場合が多く、利用者にとっては不親切であったりします。また、語学学校の中で、月額固定料金で利用し放題というプランを行っている場合、利用者の利用頻度が少なければ少ないほど、サービス利益が上がるため、あまり利用者の学習意欲をかきたてることに積極的になれない事情があります。これは利用者の上達という本来の趣旨から大きく離れます。当校では、目先の安さを見せる月額固定といった料金システムでは、語学学校と生徒様のニーズが衝突するため提供せず、もっと、学校と生徒様のニーズが同じ方向を向いている方針を採っていきたいと考えています。
ですので、入学しても、あまりやる気を起こさせない といったサービスは提供していません。どちらかというと尻を叩いておいたてるという感じです。なぜなら生徒様がやる気を出して利用してくれないと、当校の収益があがらない仕組みだからです。従いまして、当校では、生徒様のやる気を引き出す施策がいたるところで打ち出されており、その結果として、多くの利用者のヒンディー学習時間は週平均10時間以上、毎月の継続率は、記録を取り始めた2010年1月以降、常に90%以上(平均95%近く)を保っているといった驚異的な数値を出しており、結果として、生徒様の英語上達を実現しています。

 

お得なお試し体験詳細ページへ

無料の安心サポートサービス詳細

前
ecom英語学校紹介
カテゴリートップ
TOP
次
はじめての方へ

特商取引の表記 | (株)イーコミュニケーション | お問い合わせ
体験レッスン サービス紹介 オンラインヒンディー語体験談 体験レッスン申し込みフォーム オンラインヒンディー語講師の紹介